マイケル・ジャクソンは殺されていた

マイケル・ジャクソンは何者かに殺害されたとラトーヤ・ジャクソンが発言しました。

ラトーヤ・ジャクソンはイギリスのタブロイド紙「デイリー・メール」の取材にしたいして、「最初からマイケルは殺されたと思っていた。犯人は1人じゃなくて複数人いる。マイケルは良くない人たちに囲まれていた。とてもおとなしく、物静かで、愛情深いマイケルを、彼らは利用した」とコメントしました。

ラトーヤ・ジャクソンは1ヶ月前から、マイケルジャクソンはロンドン公演前に死亡することを家族に予言していたとのことです。

ラトーヤ・ジャクソンは、マイケル・ジャクソンは家族から引き離されて、50回のロンドン公演の契約をさせられ、薬漬けにされたとして、正義のために戦う方針を示しました。

また、マイケル・ジャクソンが発見されたのは、専属医師コンラッド・マーレーの部屋だったことや、マイケル・ジャクソンの自宅にあるはずの100万ドルの現金や宝石などが紛失していることを明らかとしました。

なお、マイケル・ジャクソンは5年ごとに遺書を作成していたため、2007年に作成した遺書が存在する可能性があるとのことです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。