トンカツ店「KYK」の意味は「瓦町洋裁研究所」

関西地方を中心に展開するトンカツ店「KYK」は、洋裁学校「瓦町洋裁研究所(かわらまちようさいけんきゅうじょ)」の略だったことが分りました。

トンカツ店「KYK」を展開するKYKの専務は、2010年11月25日放送の「秘密のケンミンショー」に出演し、KYKは「瓦町洋裁研究所」の頭文字を取ったものだと明かしました。

KYKは瓦町洋裁研究所の跡地を譲り受けて、創業を開始したことに由来するとのことです。

KYKは「心と味でおもてなし(Keep Your Kindly)」というモットー(標語)としているため、一般的にはKYKは「Keep Your Kindly」の略したものとされていますが、それは後付した意味で、KYKの本当の意味は瓦町洋裁研究所とのことです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。

トンカツ店「KYK」の意味は「瓦町洋裁研究所」へのコメント

『瓦屋町』です。

  • 投稿者-
  • ななし
  • -2012年9月14日

コメントありがとうございます。テレビでは「瓦町洋裁研究所」と紹介していたのですが、正式には「瓦屋町洋裁研究所」のようですね。コメント欄にて、訂正とさせて頂きます。

  • 投稿者-
  • 管理人
  • -2012年9月14日