ヤギの舌で拷問

中世ヨーロッパのドイツでは、罪人にヤギの舌で拷問をおこなっていました。

罪人は、足を固定する拷問用の椅子に座らされ、足の裏を出す。そして、足の裏にたっぷりと塩水を塗られる。そこへ、水に飢えたヤギを連れて来る。ヤギは罪人の足の裏を舐め続ける。

ヤギの舌はザラザラしており、ヤギに舐められることで、皮膚が破け、血が滴り、肉が出てくる。それでもヤギは舐めるのを止めず、足が骨になるまで舐め続けるそうだ。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。