永峯恵の魔性の女事件

民謡こと永峯恵(20歳)が7月18日の恋のから騒ぎで、幼なじみの男性にホテルに連れ込まれそうになった話をしました。
永峯恵は番組で「魔性の女」だと何度も言っていたら、周りの男性が勘違いして、簡単にエッチをさせてくれる女だと思われている。

ある日、幼なじみの男性と新宿をブラブラしていたときのこと。静かなホテル街に入り込んだ。

男性はホテルの前で、「お前Wiiをやりたいって言っていたよな。この中でWiiができるからやり行くべ」と誘われた。
永峯恵は「ほんと無理だから」と断り続けると、男性に「お前魔性の女じゃなかったのか?俺も一度味見されたかった」と言われた。

男性がおぶってホテルの中に連れ込もうとしたので、永峯恵は走って逃走した。

その後、ラーメンをおごるから許してくれと言われたので、ラーメンを食べて仲直りしたと話していました。

明石家さんまも「お前も男も魔性の女の意味を勘違いしている。それは尻軽女やろ」と突っ込んでいました。

永峯恵の話は本当か嘘なのか良く分かりません。今週は石田歩の話が無かったのでつまらなかったです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。