小林綾子のクリームパン事件

小林綾子(こばやしあやこ=36歳)が、7月23日放送の「ごきげんよう」で、クリームパンの話をしていました。
小林綾子はパンが大好きなパン子で、朝はパンを食べないとダメなタイプだった。

舞台に出演していた頃、ある役者が新発売の美味しクリームパンを見つけたので、明日の朝差し入れしてくれることになった。

少し遅くなったが、役者がパンを差し入れてくれた。しかし、その朝はパンを食べていたので、小林綾子は、「ありがとう。後で食べる」と言って、その場で差し入れのクリームパンを食べなかった。

舞台が終わるとお腹が空いてきて、差し入れのクリームパンを食べることにした。

クリームパンから美味しそうなパンの臭いがするのだが、食べると苦い味がする。2口、3口と食べるのだがやはり味がおかしい。時間が経ったので腐ったのかと思い、マネージャに味見を頼むと、このパンはスポンジだと言われたと話していました。

最近は本当によくできたおもちゃがあるのですが、さすがに食べたらスポンジかどうかは分かると思います。
小林綾子はあまり知らないのですが、ドラマ「おしん」の子役として有名な人のようです。
その他のゲストは天達武史とうつみ宮土理の2人で、うつみ宮土理は今日で終わりです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。