ミスキャンパスクイーンの小松愛唯

桜美林大学3年の小松愛唯(こまつあい=21歳)が、2009年のミス・オブ・ミス・キャンパスに輝きました。

2009年12月20日に東京都内で、大学30校のミスキャンパスの中からキャンパスクイーンを決める「ミス・オブ・ミス・キャンパス・クイーン・コンテスト2009」が開催されました。

審査の結果、最終候補に残った10人の中から、桜美林大学の小松愛唯がグランプリに選ばれました。

準グランプリには学習院大学3年の斎藤由佳(さいとうゆか=20歳)が選ばれ、審査員特別賞(バービー賞)には専修大学2年の樋野千美(ひのひふみ=21歳)が選ばれました。

2004年には八田亜矢子が準グランプリに、2006年には福田萌が審査員特別賞に選ばれており、小松愛唯は今後の活躍が注目されています。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。