ひこねのよいにゃんこ

滋賀県彦根市の彦根城築城400年祭の人気キャラクター「ひこにゃん」にソックリなキャラクター「ひこねのよいにゃんこ」が人気になっています。
ひこねのよいにゃんこは、悪徳業者が作った類似商品ではなく、ひこにゃんの原作者「もへろん」が作ったキャラクターです。
ひこにゃんグッズは、「座る」「跳ねる」「刀を抜く」の3つのポーズしか認められていないため、自由なポーズができる「ひこねのよいにゃんこ」の方が人気になり、グッズが沢山製造されるようになりました。
ひこにゃんの著作権は彦根市が買い取っているのですが、以前にもトラブルになり、調停の結果、ひこにゃんグッズの3ポーズを3ポーズ以外の商品を規制するとともに、原作者は絵本の製作活動を続けられることで和解しています。(もへろん著作の絵本「よいにゃんことどろちゃんのおはなし」などが出版されています。)
彦根市も原作者のもへろんも、ひこにゃんがこんなに人気が出るとは思っていなかったのでしょうね。最初に弁護士を入れて契約していればこんな事にはならなかったでしょう。


原作者もろへんの「ひこねのよいにゃんこ」が大人気!

コメントを投稿する

カテゴリー