かわいすぎる海女の大向美咲が漁を終了

岩手県久慈市小袖漁港の「かわいすぎる海女」こと大向美咲(おおむかい・みさき=19歳)が今シーズンの漁を終えました。

大向美咲は2009年9月30日に今シーズン最後の漁を行う予定でしたが、同日に発生したサモア地震の影響により、津波注意報が出たため、漁は中止されました。

大向美咲は、「来年の夏も挑戦したいと思います。久慈っていう街が凄く好きなので、海女さんをやりながら、ずっとここで暮らしていきたいと思います」とコメントしています。

大向美咲は2009年8月に、友人の小袖妃香理(19歳)と共に海女デビュー。デビューするやいなや、各種メディアに取り上げられて、「かわいすぎる海女」として話題になりました。

大向美咲は、ボランティアとして観光海女に参加しており、2ヶ月間の漁が終われば、元の暮らしに戻ります。

大向美咲は、放送を断ったシーンがテレビで放送され、インターネット上で男性関係などについて誹謗中傷を受けましたが、久慈市の観光PRにつながるような取材には応じるとのことです。

写真集を出版する依頼もあり、観光PRにつがるのであれば、写真集も発売も検討するとのことです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。