板尾創路の長女が死亡

お笑いコンビ「130R」の板尾創路(いたお・いつじ)の長女(1歳10ヶ月)が死亡しました。

板尾創路の長女は8月16日午後11時に意識不明の重体に陥り、病院へ搬送されましたが、まもなく死亡が確認されたとのことです。

板尾創路の長女の死因は不明ですが、元横綱・千代の富士の3女や歌手・YUKIの長男が死亡したのと同じ乳幼児突然死症候群(SIDS)とのことです。

乳幼児突然死症候群とは、外見的には健康な乳児が突然、心肺停止になって死亡するケースで、病理解剖が行われないため、詳しい死亡原因は不明のようです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。