吉川ひなの「うっかり失効」

吉川ひなのが小堺一機の「ごきげんよう」で、運転免許証を「うっかり失効」で更新していたことを告白しました。
吉川ひなのは、ある番組の企画で、カバンの中を見えることになっていたので、マネージャーから「見せられないものは出しておいてください」と言われた。
吉川ひなのは、カバンのなかから見せられない物を出していたところ、運転免許証の更新期限が平成21年1月であることに気付いた。
スタイリストに「今年は平成19年だよね」と尋ねると、「そうだよ。平成19年だよ」と答えたのだが、マネージャーが「平成21年だよ」と注意した。(平成19年ではなく、平成20年の間違いだと思われる)
「運転免許証の更新期限を過ぎてるじゃん」ということになり、急いで警察へ電話したところ、更新期限を6ヶ月過ぎても免許が更新できる「うっかり失効」という制度があることを教えてもらい、吉川ひなのは無事に運転免許証を更新できたそうです。
調べてみたところ、うっかり失効をしたことについての罰金やペラルティーなどはないようです。うっかり失効は運転免許証の再取得になるので、ゴールドカードなどは引き継げないようです。
注意に無ければならないのは、うっかり失効期間は無免許になるので、その期間中に車を運転すると無免許運転になることです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。