押尾学が自殺するという噂

保釈が認められた押尾学(31歳)が、自殺するのではないかと噂されています。
東京地裁は8月28日に押尾学被告人の保釈を認める決定を出しました。東京地検はこの決定を不服として、準抗告と保釈の執行停止とを申し立てたが、東京地裁はこれを棄却しました。
押尾学の事件は、単に合成麻薬MDMAを使用しただけではく、六本木ヒルズにあるマンション1室で、ホステスの麗城アゲハ(源氏名・30歳)が死亡しています。
また、事件の隠ぺい工作とみられる行動もあったと報じられていることなどから、保釈は難しいと見られていました。
しかし、保釈保証金400万円で保釈が認められました。
死亡したホステスの麗城アゲハについても、他殺の可能性が残っていたにもかかわらず、警察は早々に事件性は無いと発表するなど、押尾学事件は不可解な点が多かった。
押尾学の事件の背景には、大物政治家が関係していると噂されています。その大物政治家の圧力があり、押尾学事件では不可解な点が多い噂されています。
そこで、押尾学は保釈保証金400万円を納めて保釈されると、口封じのために殺されるのではないかと噂されています。そして、なぜか自殺として処理されるのではないかと噂されています。


保釈された押尾学が自殺?

コメントを投稿する

カテゴリー