山形県では素麺に餡をかける

庄内地方に住む山形県は素麺に甘い餡をかけて食べると、「秘密のケンミンショー」が紹介していました。
作り方は、水に醤油と片栗粉と砂糖を入れる。それをかき混ぜならが加熱する。トロミが出てくれば水で冷やす。それを素麺にかける。
新潟県のスーパーでは、総菜コーナーであんかけ素麺が販売されている。
庄内地方は桜マスの産地で、ハレの日のご馳走として、桜マスの餡かけが食べられていた。素麺は桜マスの付け合わせの定番となっていたことで、素麺の餡かけが日常化したそうです。
庄内地方に住む山形県民は、うどんやゴマ豆腐や肉じゃがにも餡をかけてたべるそうです。
ゲスト陣は美味しいと言っていたのですが、餡かけ料理ばかり食べていると糖尿になりそうなので、これは挑戦するのは止めておこうと思います。


山形県のB級グルメ「餡かけ素麺」

コメントを投稿する

カテゴリー