土庄高校の野球部員が死亡

野球部の練習中にボールが首に直撃して、意識不明に陥っていた香川県小豆郡土庄町にある土庄高校2年生(事故当時は1年生)の野球部員(17歳)が、9月16日に入院先の病院で死亡しました。
男子生徒は3月29日に土庄高校の第2グラウンドで、フリーバッティングの練習中に、サードの守備についていたところ、ワンバウンドした打球が男子生徒の首に直撃して倒れました。
男子生徒は高松市にある病院へヘリコプターで搬送されましたが、外傷性くも膜下出血により意識不明の重体に陥っていました。
男子生徒の死因は外傷性脳幹損傷で、小豆署は事故と死因との因果関係を調べています。


土庄高校の野球部員が死亡!謎の打球が直撃!

コメントを投稿する

カテゴリー