忌み地

忌み地・忌み山とは、呪われた土地や山、いわくのある土地や山のことです。
過去に処刑場だった場所や自殺や殺人事件のあった場所で、その後に不幸が続くような場所が、「忌み地」「忌み地」などと呼ばれています。
ただ単に、人が住むのに適していない場所、特定の施設の近く、人から敬遠される場所なども「忌み地」と呼ばれています。
また、作物の連作障害なども「忌み地」と呼ばれています。


忌み地や忌み山の意味について。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。