前田五郎の自己破産

自己破産の危機が報じられた元漫才師の前田五郎(67歳)が9月24日に、吉本興業などを相手取り、慰謝料や遺失利益など計1億2400万円の損害賠償を求めて、大阪地裁へ提訴しました。
吉本興業所属の漫才師・中田カウス(60歳)へ脅迫状が送られた事件について、筆跡鑑定のためだと脅迫文と同じ文章を書かされたうえ、週刊誌に筆跡が似ているなどと報じられたことを理由に仕事キャンされた。前田五郎が週刊誌の取材を受けると、契約を解除されたなどと主張しています。
吉本興業側が依頼した筆跡鑑定では「似ている」という結果になりましたが、前田五郎側の筆跡鑑定では「別人」という結果が出ていました。
前田五郎は所有している自宅ローンのほか、マンション2件の賃貸料を延滞中で、このままいけば自己破産するなどと、一部報道が報じていました。


前田五郎が自己破産の危機!吉本興業に1億2400万円の損害賠償を請求!

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。