徳島県警徳島北署の署長が首吊り自殺

徳島県警徳島北署の男性署長(警視・59歳)が、首を吊って死亡しました。
9月24日午後1時20分、徳島県北島町鯛浜にある徳島県警徳島北署敷地内の署長官舎の和室で、かもいに紐を通して男性署長が首を吊って死亡しているのを、副署長が発見しました。
男性署長は同日午前9時に体調不良のために休むと副署長へ連絡。副署長が午前11時に、管内で発生した火災について電話で報告していましたが、男性署長に変った様子はなかったとのことです。
男性署長は単身赴任中で、発見時は下着姿。遺書は発見されておらず、自殺したものとみられています。


徳島県警徳島北署の署長が怪死!首吊り自殺で友愛される?

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。