大分県民は鶏の足を煮て食べる

大分県日立市に住む大分県民は鶏の足を煮て食べると、「カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンショー」が紹介していました。
肉球がコリコリして美味しそうです。豚足よりも食べやすく、パーティーには欠かせない料理だそうです。大分県日田市では、鳥の足が100g35円で販売されているそうです。
鶏の足のレシピは、鍋に入れた水に、ショウガ・醤油・みりん・焼き鳥のタレ・砂糖を入れ、そこにボイルした鶏の足を30分煮込むだけだそうです。
専門家によると、牛や豚を飼う土地が少なくて、鶏を各家庭で飼っていた。ハレの日には鶏をさばいて、がめ煮(ちくぜん煮)という料理を作っていた。がめ煮の中に鶏の足を入れることは、新鮮な鶏であるという証になっていたので、鶏の足を食べる習慣が根付いたそうです。
さらに、大分県民は、鶏のトサカも5分ほどボイルして、ポン酢をかけて食べるそうです。


大分県民は鶏の足やトサカを食べる!秘密のケンミンショー

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。