プロ棋士の石橋幸緒が反則負け

プロ棋士の石橋幸緒女流王位(いしばしさちお=28歳)が、第20期女流王位戦の第2局で、前代未聞の反則負けをしました。
石橋幸緒は、10月14日に北海道札幌市で行われた第20期女流王位戦の第2局で、挑戦者の清水市代女流名人(40歳)と対局しました。
石橋幸緒は129手目で、6六角を2二角成りと指しました。しかし、その角が石橋幸緒の駒である4四歩を飛び越したため、反則負けとなりました。
女流タイトル戦での反則負けは、今回の石橋幸緒が初めてです。今回の反則負けで、勝敗は1勝1敗となりました。


将棋の石橋幸緒が清水市代との対局で反則負け!

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。