オリオン座流星群

2009年のオリオン座流星群は、10月19日から10月23日までの夜(午後10時から明け方まで)に観測できます。
通常は1時間に20個程度のオリオン座流星群が観測されていましたが、2006年には1時間に100個以上のオリオン座流星群が観測されました。
オリオン座流星群は2006年から2010年ころまで流星が増加する傾向にあり、2009年も多数の流星が観測されるものとみられています。
2009年はオリオン座流星群の観測できる22時までに月が沈むため、オリオン座流星群の観測には好条件が整っているとのことです。
オリオン座流星群は夜空一面で観測できるため、観測に決まった方角はありません。


オリオン座流星群を観測するためのポイント

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。