加藤和彦が首吊り自殺

音楽プロデューサーの加藤和彦(かとうかずひこ=62歳)が、遺書を残して首吊り自殺しました。
10月17日午前9時25分、長野県軽井沢町にあるホテルから「宿泊客と連絡が取れない」との110番通報がありました。
署員が室内を調べたところ、天井の梁にロープを通して、首を吊って死んでいる加藤和彦を発見しました。
部屋には遺書のようなメモが残されており、警察は自殺とみて調べを進めています。
加藤和彦は1968年にフォークグループ「ザ・フォーク・クルセダーズ」の「帰って来たヨッパライ」でデビュー。
グループ解散後は、ソロ活動で「あの素晴らしい愛をもう一度」などのヒット曲を飛ばしたほか、ロックバンド「サディスティック・ミカ・バンド」を結成するなどして活躍していました。


友愛された!歌手の加藤和彦が首吊り自殺しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。