松山真子の食事の癖

飲食店経営の松山真子(まつやままこ=27歳)が、明石家さんまの「恋のから騒ぎ」で、食事にまつわる変な癖を紹介しました。
松山真子は、食材を混ぜて食べるのが嫌いだから、カレーやハンバーガーやエビフライでも食材ごとに分解して食べるそうです。
松山真子はカレーを食べるさい、まず、福神漬を食べる。そして、ルーの中のジャガイモだけを食べる。次に、肉だけを食べるというふうに食材ごとに食べていき、最後にルーを飲むそうです。
松山真子が彼氏とハンバーガーを食べていたときの話。彼氏の前では普通にハンバーガーを食べていたが、彼氏がトイレへ行ったので、いつも食べている通り、ハンバーガーを食材ごとに分解して、食べていた。
食べ終わる前に彼氏が戻ってきたので、分解した素材を再びハンバーガーに組み立てたが、順番を間違えたため、変な形のハンバーガーになってしまった。
戻ってきた彼氏は、松山真子の変なハンバーガーを見て、「おまえこんなのダメダメ」とツッコンだそうです。
松山真子は、1つ1つの食材の味を楽しみたいから、食材ごとに分けてたべるそうです。


恋のから騒ぎメンバーの松山真子が食事するときの変な癖を告白!

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。