望月小太郎のWikipedia

ドラマ「サムライ・ハイスクール」に登場する戦国武将の望月小太郎(もちづきこたろう)についての勝手にWikipediaです。


望月小太郎は、真田幸村の家臣・望月宇兵衛の弟です。望月小太郎は大阪夏の陣に参戦して、真田幸村らとともに徳川家康の陣営に切り込み、17歳にして討ち死にした。(第1話)

東雲歴史文庫(しののめれきしぶんこ)には、望月小太郎について書かれた古書「大阪城陣中経○」がある(○の文字は解読できなかった)。(第1話)

望月小太郎は家来を持てるほど高い身分ではない。既に契りを交わした女性がいる。望月小太郎は目的があり、現世に現れている。(第2話)

東雲歴史文庫で働いている司書の綿貫ひみこ(ミムラ)から、「先祖の霊が乗り移っていることを他人に知られると、戦国武将の望月小太郎の魂が消滅して、現世の望月小太郎も死ぬ」と教えられる。(第2話)

主人公・望月光太郎は侍の魂とともにやっていく決心をすが、東雲歴史文庫の司書・綿貫ひみこから、「望月光太郎に侍の魂がフィットしたところで、侍が取り憑いた理由が分かる」と教えられる(第6話)

一方、家庭では、父親の望月信二(岸谷五朗)が会社をリストラされてクビになる。(第6話)

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。