オリックスが古川秀一を1位指名

オリックス・バファローズは10月29日、東京都内で行われたプロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)で、日本文理大学の投手・古川秀一を第1位で単独指名しました。
阪神タイガースなど6球団は花巻東高校の投手・菊池雄星を1位指名し、抽選の結果、西武ライオンズが交渉権を獲得しました。


オリックスが古川秀一を、西武が菊池雄星をドラフト1位指名.

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。