肝斑を克服した長戸えりな

洗顔で肝斑(かんぱん)を克服した長戸えりな(54歳)が、「ガンコなシミだらけの肌だったのに とっても意外な方法で見た目が30代になった54歳の主婦魔女」として、「魔女達の22時」に出演しました。

長戸えりなは30代のとき、左右の頬に「肝斑」と呼ばれるシミが現れた。肝斑は頬に左右対称に現れるシミのことで、女性ホルモン30代から40代の女性に多くみられる症状です。

長戸えりなはファンデーションやコンシーラーで隠していたが、次第にシミは大きくなり、ファンデーションで隠しきれなくなってきた。

長戸えりなは肝斑に効果があると言われるものを色々試したが効果が無く、美容クリニックで治療を受けた。治療で肝斑は消えたが、しばらくすると、また肝斑が現れた。

長戸えりなはエステに勤務している友達に相談すると、友達は洗顔方法を変えてみるようにアドバイスした。

長戸えりなはありとあらゆる洗顔を試していると、いつしか肝斑が消え、娘の肌にも負けないほど肌が綺麗になったそうです。

肝斑を克服して綺麗になった長戸えりなは、若い男性にナンパされるようになったそうです。そして、娘の長戸梓(27歳)と長戸洋奈(30歳)の男友達は「お母さんの方がタイプ」というそうです。

長戸えりなが肝斑を克服した洗顔方法

洗面器に水を溜め、手で水をすくい、顔を叩くようにマッサージする。水は流しっ放しにして、冷水で行う。冬はぬるま湯でもOK。同じ程度の力で顔を引き上げるように、下から上へ向かって叩く。回数は朝と晩にそれぞれ10回×30セット行う。

この洗顔方法は、肌の神経を刺激して、肌の代謝を促す効果があるそうです。そして、血行を促進してメラニン代謝がアップするので、シミや肝斑に効果があるそうです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。