三村敏之が死去

プロ野球・広島東洋カープの元監督で東北楽天ゴールデンイーグルスのチーム統括本部編成部部長の三村敏之(みむらとしゆき=61歳)が死去しました。
三村敏之は10月3日午前、宮城県仙台市にある病院で死去しました。死因は不明です。
三村敏之は2009年5月に肝臓の手術をして、夏頃に復帰。10月29日に行われたドラフト会議にも出席していました。
三村敏之は広島県出身。広島商業高校1967年にドラフト2位で広島カープに入団。1994年から5年間、広島東洋カープで監督を務め、2007年12日に東北楽天ゴールデンイーグルスのチーム統括本部編成部部長に就任していました。


広島の元監督・三村敏之が死去しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。