ノコギリガール

ロンドンハーツの企画で、エイベックスが狩野英孝(50TA)の曲「ノコギリガール」が販売されることになりました。
狩野英孝は、「紅葉に抱かれて」「ヘビーメタルステーション」「HOTWATER」「スタートレイン」「ノコギリガール」「チャイナダンスホール」の6曲を作りました。
エイベックスは6曲を審査して、「ノコギリガール」を発売することを決定しました。
ノコギリガールは、夜中に1人でトイレに行けない子供のために作った曲だそうです。
ただ、子供とタン塩のイメージが合わないため、夜中にタン塩を追加する部分の歌詞を変更するように要求されました。
エイベックスは、狩野英孝の曲「ノコギリガール」をアレンジして販売することを約束しました。
幕張メッセで狩野英孝の単独ライブが行われた後、狩野英孝の元にエイベックスからノコギリガールのCDが届き、CDを出すのは狩野英孝ではなく、青木さやかということが発覚しました。
ロンドンブーツの淳が、エイベックスの「青木さんとか可能でしょうか?」という質問を「青木さんとか狩野でしょうか?」と聞き間違え、「狩野でしょう」と答えたため、エイベックスは「青木さやかは可能」と受け取ったというオチでした。
狩野英孝は桜田神邪の名義で作詞作曲していたので、青木さやかは狩野英孝(50TA)がノコギリガールの作詞作曲を手がけたいたとは知りませんでした。
青木さやかの歌うCD「ノコギリガール」は11月18日に発売されるとのことです。


狩野英孝(50TA)の新曲「ノコギリガール」

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。