ノコギリガール ひとりでトイレにいけるもん

狩野英孝(50TA)が作詞作曲を手がけた「ノコギリガール ~ひとりでトイレにいけるもん~」を青木さやかがCD発売することとなり、批判が殺到しています。
エイベックスとの共同企画により、「50TA(フィフティーエー)」の名義で歌手活動をしている狩野英孝のCD発売企画が、11月3日放送の「ロンドンハーツ3時間SP」で放送されました。
50TAは、エイベックスに提出するため、青木神邪の名義で、「紅葉に抱かれて」「ヘビーメタルステーション」「HOT WATER(ホットウォーター)」「スタートレイン」「ノコギリガール」「チャイナダンスホール」の6曲を作詞作曲しました。
エイベックスは1部の歌詞を変更することを条件に、「ノコギリガール」をCD化することを決定しました。
50TAは演歌歌手のさくらやまに師事し、発声方法などを学び、レコーディングに向けてボイストレーニングを開始しました。
その後。50TAは番組のオンエアーを見て、10月14日に幕張メッセで50TAの単独コンサートを行うことを知ります。
曲のアレンジが出来たとのことで、50TAとロンブー淳の2人はエイベックスへ向かいます。
倖田來未やGIRL NEXT DOOR(ガールネクストドア)のアレンジを手がけているエイベックス1押しの渡辺徹が、ノコギリガールのアレンジを手がけ、ノコギリガールはエイベックスサウンドへ変貌を遂げました。
50TAはエイベックスから注文のあったBメロの「夜中だけど、夜中だけど、お腹が空いてきたから、夜中だけど、夜中だけど、夜中だけど、タン塩追加するか悩み中」の歌詞を、「夜中だけど、夜中だけど、お腹が空いてきたから、夜中だけど、夜中だけど、夜中だけど、チョコチップ開けるか悩み中」に変更しました。
歌詞が完成したたためその場でレコーディングへ。レコーディングもアッサリとOKが出て終了。そして、CDのジャケットも撮影して、CD発売への準備は整いました。
一方で、ロンブー淳は50TAを呼び出し、幕張メッセでの単独ライブに向けて体力作りのため、50TAは10kmのランニングを命じました。50TAは10kmを走り終えましたが、ロンブー淳のアンコールにより、3kmを2度走り、16kmを完走しました。
10月14日に幕張メッセで行われた50TAの単独ライブには、全国から訪れたファン5000人が詰めかけました。
50TAの単独ライブで披露された曲は、アンコールを含めて全10曲でした。
1・スタートレイン
2・チャイナダンスホール
3・HOTWater
4・インドの牛乳屋さん
5・50TAラップ
6・涙 (アルバムバージョン)母親が登場
7・ノコギリガール ひとりでトイレにいけるもん
8・紅葉に抱かれて
9・ヘビーメタルステーション
10・Perfect Love
50TA誕生の切っ掛けとなった「涙」を熱唱中に、50TAの母親がステージに登場し、一緒に「涙」を歌うというサプライズもありました。
9曲目のヘビーメタルステーションは、世界的なヘヴィメタルバンド「メガデス」の元ギターリスト「マーティ・フリードマン」がアレンジを手がけた曲です。
そして、ギターにマーティ・フリードマンを、ドラムに元SIAM SHADE(シャムシェイド)の淳士を迎えて生バンドで披露されました。
さらに、地元企業の東北スチール株式会社が、ヘビーメタルステーションのスポンサーにつきました。
ライブ終了後、エイベックスから届いたCDが披露されました。
しかし、CDのジャケットには、何故か青木さやかの顔が。状況が理解できない50TA。ロンドンブーツ淳も先ほどCDを見たばかりで、状況を十分に理解出来ていないという。
エイベックスから依頼が来たさい、エイベックスの「青木さんとか可能かな?」と言う発言を、ロンドンブーツ淳が「青木さんとか狩野かな?」と解釈してしまった。
そして、ロンドンブーツ淳が「(2人のうちどちらかなら)狩野でしょう」と答えると、エイベックスは「(青木さんで)可能でしょう」解釈したため、お互いが誤解したまま話が進んでしまったというオチでした。
ロンブー淳は「今回のことは誰も悪くない。色んなことが、ボタンをかけ違ったままバーと行って、最後に気付いたのか今日だった」と釈明しました。
ノコギリガールを歌った青木さやかも、作詞作曲者の青木神邪が狩野英孝だとは知らずに歌っていたとのこと。
ロンドンハーツ終了後、ロンドンハーツのBBSには、「50TAがかわいそう」「50TAのCDを出して欲しい」「オチが酷い」「なぜ青木さやかなんだ」などとコメントが多数寄せられています。
なお、青木さやかのデビューシングル「ノコギリガール ~ひとりでトイレにいけるもん~」は、11月18日に発売。青木さやかのノコギリガールや50TAの1部新曲は着うたとして配信されています。


「ノコギリガール」作詞作曲は狩野英孝(50TA)、歌は青木さやか。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。