安蒜公一と日東交易のモデル

安蒜公一(あんびるきみかず?)と日東交易とのモデルについて。
安蒜公一は山崎豊子の小説「不毛地帯」に登場する人物で、日東交易は安蒜公一が社長を務める貿易会社です。
安蒜公一は日本人とユダヤ人のハーフで、日東交易の社長を務めている。
日東交易は中近東貿易を中心に手がけていた。前社長が中東ゲリラ地区に大阪府警の制服を売り込んで、日本交易は台頭していたが、前社長がレバノンで客死(かくし)したため、安蒜公一が社長に就任した。
注:客死は旅行先や他国で死亡するという意味です。
安蒜公一が社長に就任して以降は、事業をイスラエル貿易に集中した。
安蒜公一のモデルと日本交易のモデルとについては、現在調査中です。


不毛地帯の安蒜公一と日東交易のモデルについて。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。