大泉第二中学校で硫化水素が発生

東京都練馬区東大泉6丁目にある大泉第二中学校で、理科の授業中に硫化水素が発生しました。
11月6日午前11時10分、大泉第二中学校から「理科の実験中に硫化水素が発生して、生徒が体調不良を訴えている」と119番通報がありました。
大泉第二中学校の女子生徒4人が体調不良を訴えました。
大泉第二中学校の理科室では、男性教諭の指導の元、生徒35人が硫黄と鉄と塩酸を混ぜて硫化水素を発生させる実験をしていたとのことです。


大泉第二中学校の理科室で硫化水素が発生しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。