黄乾臣(ホワンカンチェン)

黄乾臣(ホワンカンチェン)は、山崎豊子の小説「不毛地帯」に登場する人物です。
黄乾臣は、華僑の4大財閥「黄公司(ホワンコンス)」の社長で、第2夫人はクラブ「ル・ボア」の浜中紅子です。
山崎豊子の小説「不毛地帯」では、第3次中東戦争の勃発に備えて、黄乾臣が近畿商事の兵頭信一良へ、1万トン級の中古の戦標船5隻を注文します。
戦標船とは、第二次世界大戦中に、構造を簡素化して大量に製造した戦時標準船のことです。
ドラマ不毛地帯では、黄乾臣を石橋蓮司が演じ、兵頭信一良を竹野内豊が演じます。浜中紅子は天海祐希が演じます。
近畿商事のモデルは伊藤忠商事です。黄乾臣と兵頭信一良と浜中紅子のモデルは調査中です。


黄乾臣は華僑の4大財閥「黄公司」の社長です。第2夫人は浜中紅子です。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。