大家塾の鈴木ゆり子

普通の主婦から10年間で、資産5億円・年間家賃収入1億円のカリスマ大家になった大家塾の鈴木ゆり子(59歳)が、11月8日放送のタモリの「エチカの鏡」に登場していました。
不動産と言えば、事故物件サイトの「 大島てる - CAVEAT EMPTOR 」が最近話題になったので、大島てると鈴木ゆり子は関連があるのか調べてみました。
鈴木ゆり子は、埼玉県羽生市にある有限会社スズヨシの代表取締役社長です。夫の鈴木良勝は有限会社スズヨシで専務取締役を務めているようです。
おそらく、有限会社スズヨシ(すずきよしかつ)を短縮して、社名を「スズヨシ」にしたのだと思われます。
鈴木ゆり子はクリーニング・リフォームした物件を貸し出すだけでなく、販売もしているようです。
また、鈴木ゆり子は不動産・アパート・マンションのオーナーなどを対象とした「大家塾」というセミナーを開催するほか、著書「専業主婦が年収1億のカリスマ大家さんに変わる方法」などを出版しています。
調べてみましたが、大島てると鈴木ゆり子との間に関係は確認できませんでした。


カリスマ大家・大家塾の鈴木ゆり子の物件は有限会社スズヨシで販売しています。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。