竹中完爾(たけなかかんじ)

山崎豊子の小説・ドラマ「不毛地帯」に登場する竹中完爾(たけなかかんじ)について。
竹中完爾は、安蒜公一が社長を務める日東交易の顧問です。世界的なロビイストというよりも利権屋です。
竹中完爾は日東交易に勤務してるタイピストの熟女と肉体関係があり、タイピストから近畿商事の壹岐正と安蒜公一との商談の内容を知ります。そして、近畿商事の社長・大門一三に恩を売ります。


不毛地帯に登場する日東交易の顧問・竹中完爾(たけなかかんじ)について。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。