狩野英孝のノコギリガールが着うたに

話題の麻薬曲、狩野英孝(50TA)の新曲「ノコギリガール~ひとりでトイレにいけるもん~」が、着うたとして配信が開始されました。
「ノコギリガール~ひとりでトイレにいけるもん~」は11月3日放送のテレビ朝日系番組「ロンドンハーツ 3時間SP」のドッキリ企画で、狩野英孝(50TA)が、「青木神邪(あおきしんや)」名義で作詞作曲した曲です。
エイベックスの渡辺徹が「のこぎりガール~ひとりでトイレにいけるもん~」のアレンジを手がけて、狩野英孝(50TA)がCDを発売する予定でしたが、ロンドンハーツの最後のオチで、青木さやかがCD発売することになり、インターネット上で話題となっていました。
当初、狩野英孝(50TA)バージョンの「ノコギリガール~ひとりでトイレにいけるもん~」は、着うた配信されていませんでしたが、11月11日より着うたの配信を開始し、「mu-mo」「テレ朝モバイル」でダウンロードできるようになりました。
狩野英孝(50TA)は「ロンドンハーツ 3時間SP」で、「ノコギリガール」「ヘビーメタルステーション」「紅葉に抱かれて」「HOT WATER(ホットウォーター)」「チャイナダンスホール」「スタートレイン」の計6曲を作詞作曲し、着うたのが配信されています。


ノコギリガールの狩野英孝(50TA)バージョンが着うたになりました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。