千秋の叔父は三菱電機の社長だった

タレント千秋(38歳)の死去した叔父が、東証1部に上場している三菱電機の相談役・元社長の谷口一郎(たにぐちいちろう=没72歳)だと指摘されています。
千秋は公式ブログの11月12日付け記事で、「初めて、お葬式に行きました。叔父さんが亡くなりました」と報告しました。
千秋は叔父について、「叔父さんは誰でも知ってる、世界的な大企業の社長でした。毎日のようにテレビCMに流れている企業です。一度だけ、叔父の会社が一社提供している番組のレギュラーになったこともありましたが、マネージャーさんにも、誰にも言いませんでした。」と説明しています。
近々に死去した社長をリストアップしたところ、三菱電機の相談役で元社長の谷口一郎が、11月1日午後2時40分に、東京都千代田区にある病院で、急性腎不全のため死去しています。
三菱電機は、千秋とユースケ・サンタマリアとがレギュラーを務めた「三菱電機チャレンジワールド トロイの木馬」のスポンサー(1社提供)していました。
その他、様々な点から、千秋の死去した叔父は、三菱電機の相談役・元社長の谷口一郎で間違いないとみられています。
千秋の父親は東証1部上場の日本板硝子の社長・藤本勝司(ふじもとかつじ=66歳)であることは有名な話しです。
千秋の叔父もまた超一流企業の社長だったことが明かとなり、千秋の華麗なる一族が改めて注目されています。


千秋の叔父は三菱電機の元社長・谷口一郎だった!

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。