沼津市立第二中学校の横領事件

静岡県の沼津市立第二中学校の男性事務員が約540万円を横領したとして、2021年7月28日に懲戒処分となった。

男性は2021年3月まで勤務していた沼津市立原小学校で会計事務を担当しており、PTAの費用などから不正な入出金を繰り返しており、260万円の不足金が発生していた。

男性は2021年4月から沼津市立第二中学校で勤務しており、沼津市立第二中学校の積立金などから不正に出金し、沼津市立原小学校の不足金の穴埋めを行っていたという。

男性は借金を返済する為に横領していたといい、横領の容疑を認めて全額返済しているが、学校側は業務上横領の容疑で男性を刑事告訴する方針とのこと。

コメントを投稿する