2500万円稼ぐ魔女の安藤京花

安藤京花が「魔女達の22時」に、「20歳も年上のおばさんにダンナ様をとられたおかげで30キロヤセて2500万円稼いだ魔女」として出演しました。

安藤京花の実家は中華料理屋だから、おやつはいつもまかないの中華料理だった。夜も中華料理を食べていたので、小学生のころからデブだった。

安藤京花が中学3年生の時、両親が1500万円の借金を背負ったため実家の中華料理店が倒産してしまう。

高校生になると安藤京花は家計を助けるために、ハンバーガーやでアルバイトを始める。バイト先では残ったハンバーガーを食べ続けて、20歳になるころには体重は80kgになっていた。

その後、バイト先の店長から告白されて結婚。21歳で息子を出産した。

ある日、夫の携帯電話で浮気のメールを発見。夫に問い詰めると、夫は浮気ではなく本気だと答える。浮気相手は山田だという45歳のパートのおばちゃんだった。浮気の理由はスタイルが良いからだという。そして、夫は家を出て行き離婚することになった。

安藤京花は45歳のおばちゃんに負けた事が悔しく、痩せることを決意。昼はエステサロンで働いて、夜はエステサロンで身につけた技術を生かして自分で自分をマッサージした。すると、80kgあった体重が49kgになった。

ある日、エステ中に男性客から合コンに誘われる。これをヒントに合コンセッティングビジネスを始める。その後、エステサロンも開業して、年間2500万円稼ぐ魔女になった。

調べてみると、安藤京花は東京都港区港南にある株式会社オフィスカリテです。合コングラブは「カリテクラブ」で、エステサロンは「Salon de macherie(サロンド・マ・マシェリ)」のようです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。