柳家花緑が林家きく姫と破局

落語家の柳家花緑(やなぎや・かろく=38歳)と林家きく姫(39歳)の2人が、2009年5月に破局しました。
サンケイスポーツなどによると、柳家花緑は2001年8月に林家きく姫と交際を開始。2001年12月に婚約を発表していました。
2人は同居を開始して2002年に結婚する予定でしたが、柳家花緑の祖父で師匠の「5代目・柳家小さん」が2002年5月に死去したため、2人は結婚を延期していました。
2人は同居を続けていましたが、話し合いの末、2009年5月に婚約を解消して、林家きく姫が部屋を出たとのことです。
破局の原因は明かされていませんが、お互いの仕事が忙しくなり、すれ違いが多くなったほか、子宝に恵まれなかったことなどから、破局したのではないかとみられています。


落語家の林家きく姫が、婚約を解消して柳家花緑と破局しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。