第2の稲川淳二は松嶋初音

心霊アイドルの松嶋初音(まつしまはつね=21歳)が、情報番組「ミヤネ屋」で心霊体験を紹介しました。

松嶋初音は始めて一人暮らしをすることになり、不動産屋へ部屋を見に行った。
松嶋初音は霊感が強く、間取り図を見るだけでも、冷たく感じて、幽霊の出る物件が分かるという。

間取り図を見ながら不動産屋に、「私、幽霊とか見えるんです」というと、「いわく付きの物件があるので見てくれないか」と頼まれ、一緒に物件を見に行くことに。

2人で問題の物件に入るが特に問題は無く綺麗な部屋だった。不動産屋は「いいですか?開けますよ」と言ってリビングのドアを開ける。2人はリビングに入るが何も無く、普通に綺麗は部屋だった。

「何もないですね」んどと話していると、後ろでバタンと音がした。2人はゆっくりと振り返ると、リクルートスーツを着た女性が首を吊って自殺していた。

ガタンという音は、女性が首を吊る時に使用した踏み台が倒れた音だった。

松嶋初音は祖母がイタコで霊感が強いとのことで、心霊体験をまとめた本「初音怪談」も出版しています。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。