寝坊する棋士・郷田真隆9段

日本将棋連盟は1月27日、寝坊した郷田真隆9段に対する処分を発表しました。処分内容は次の3つです。
1・対局料は支払わない。
2・竜王戦の月額手当て6ヶ月分を(50万円)を返納すること。
3・ファンへの奉仕活動を1日行う。
郷田真隆9段は1月21日に行われた竜王ランキング戦1組1回戦で、森内俊之9段と対戦する予定でした。しかし、郷田真隆は午前10時を過ぎても対局に現れなかったため、森内俊之9段の不戦勝となっていました。
日本将棋連盟によると、郷田真隆9段が遅刻した理由は寝坊だったとのことです。トップ棋士が寝坊により対局に現れないことは非常に希な出来事とのことです。
2009年10月には、当時の女優王位・石橋幸緒が女優王位戦で清水市代と対局したさい、自分の駒を飛び越して角を差して反則負けになるという珍事を起こしていました。


郷田真隆9段が寝坊して竜王ランキング戦で不戦敗になりました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。