藤沢里菜 (ふじさわりな)

東京都新宿区に住む小学5年生の藤沢里菜(ふじさわりな=11歳)は2月6日、日本棋院の2010年度女流棋士採用試験に合格しました。
藤沢里菜は、趙治勲(ちょう・ちくん)の11歳9カ月の記録を更新して、11月6ヶ月で史上最年少のプロ棋士となります。
藤沢里菜は故・藤沢秀行名誉棋聖の孫で、父親は藤沢一就(ふじさわかずなり)8段です。
藤沢里菜は6歳で囲碁を覚え、自宅の近くにある囲碁道場に通っていました。小学校に入ると、プロ棋士になることを意識し始めてたとのこと。
小学校のうちにプロ棋士に成ることを目標に2009年4月に日本棋院の院生になり、女流棋士採用試験を受け、3度目の挑戦で合格を果たしました。


史上最年少のプロ棋士の藤沢里菜(ふじさわりな)はかわいい!

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。