不適切発言の北野誠が芸能活動を再開

ABCラジオ番組「誠のサイキック青年団」で不適切発言(通称バーニング事件)があったとして、芸能活動を無期限休止していた北野誠が(きたのまこと=51歳)、2月20日付けで芸能活動を再開します。
所属事務所の松竹芸能は2月15日、北野誠の無期限謹慎処分を2月20日付けで解除すると発表しました。
北野誠は2月20日に大阪府大阪市浪速区にある新世界の通天閣劇場で行う寄席に出演して芸能活動を再開し、2月27日に放送予定の関西テレビ系番組「たかじん胸いっぱい」(司会はやしきたかじん)に出演してテレビ復帰する予定です。
北野誠はレギュラー出演していたラジオ番組「誠のサイキック青年団」で不適切発言をしたとして、2009年3月に突然番組が打ちきりになり、同年4月13日に松竹芸能から無期限謹慎処分を受けていました。
松竹芸能は「北野誠が中傷したタレントに迷惑がかかる可能性がある」として、問題発言の内容については発表しませんでしたが、週刊誌などが「バーニングプロダクションの社長が激怒した」などと報じていました。
また、落語家の桂ざこばも自身が出演するラジオ番組で「何を言うたんやバーニング」などと発言して話題になっていました。


「誠のサイキック青年団」で不適切発言をした「バーニング事件」の北野誠が芸能活動を再開しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。