フォーリンラブのハジメの実家はお金持ち

お笑いコンビ「フォーリンラブ」が2月27日放送の「快傑えみちゃんねる」に出演して、ハジメ(佐原肇)の実家がお金持ちであるエピソードを紹介しました。
父親が代表取締役社長で実家がお金持ちというハジメは、上京した当時は月に20万円の仕送りを受けていた。仕送りが欲しいと言ったわけではなく、「頂けた」そうです。
母親がハジメの部屋に遊びに来たときのこと。ハジメが母親を残して仕事で出かけると、母親が部屋の中の家具が勝手に買い換えており、ハジメが部屋へ帰ってくると、テレビが薄型テレビに変っていたそうです。
また、ハジメの実家は1階と2階の間に中2階があり、中2階にはバーカウンターとシアタールームがある。他にも母親が美顔器を使うだけの部屋や洗濯専用の部屋などもあるそうです。
実家の食事はサーモンのマリネやてっちり出て来て、実家へ遊びに来た先輩芸人が驚いたそうです。
フォーリンラブ・ハジメのブログによると、ハジメの父親は企画広告会を自営しているそうです。
これまでに、タレント千秋やお笑い芸人いとうあさこの実家がお金持ちであることが明かとなり、話題となっています。
なお、ゲスト出演していた内藤大輔が「付き合ってんの?」との質問すると、フォーリンラブは「付き合ってないです」と交際を否定しました。


フォーリンラブのハジメの実家はお金持ち。ハジメの父親は広告会社の社長だった。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。