マリエの祖母はリュック・ベッソンの育ての親だった

セレブタレントのマリエ(玉木・パスカル・マリエ)の祖母マリー・デマレは、映画監督リュック・ベッソンの育ての親だと、テレビ番組「第3回芸能界(秘)個人情報グランプリ」で紹介していました。

マリエの祖母マリー・デマレはフランスの有名な映画プロデューサーで、カンヌ映画祭で長年にわたり審査員を務めたていたそうです。

祖母マリー・デマレは、リュック・ベッソンを見いだし、下積み時代は自宅に住まわせて面倒を見ていたそうです。

だから今でも、マリエはリュック・ベッソンと連絡を取っているそうです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。