小瀬浩之が死亡

プロ野球「オリックス・バファローズ」の外野手・小瀬浩之(おぜ・ひろゆき=24歳=背番号41)が自殺したと、読売新聞オンライン版が報じました。
読売新聞オンライン版によると、小瀬浩之は2月5日、沖縄県宮古島にある宿舎から飛び降り自殺を図り、死亡が確認されたとのことです。
小瀬浩之は沖縄県宮古島で行われたいたキャンプに参加しており、一部情報によると、この日は休みだったとのことです。遺書や自殺の理由については明らかになっていません。
Wikipediaによると、小瀬浩之は大阪府大東市出身。尽誠学園高校と近畿大学とを経て、2007年の大学生・社会人ドラフトの3巡目指名を受けてオリックス・バファローズに入団。2008年7月に1軍にあがり、これからの活躍が期待されていました。


オリックス・バファローズの小瀬浩之が自殺しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。