三原じゅん子が自民党から出馬

自民党は4月7日、今夏に実地される参院選挙の比例代表に、コアラの元妻で女優の三原じゅん子(45歳)を擁立する方針を固めました。

三原じゅん子は、野田聖子を介して自民党に出馬意欲を伝えていたという。既に自民党に入党しており、4月中にも自民党は公認を出す見通し。

三原じゅん子は2008年3月に行った人間ドックで子宮線癌が見つかり、同年7月に子宮を摘出。また、2010年3月には東京都三鷹市に介護施設「だんらんの家・三鷹」を開業しており、三原じゅん子は社会福祉政策を訴えていくとみられています。

三原じゅん子は4月8日に自民党女性局が主催するイベント「子宮を考える日」へ出席し、子宮癌の日にあたる4月9日には街頭演説を行う予定とのことです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。