チョッチュの窓

沖縄県民はズボンのファスナー(チャック)のことを「チョッチュの窓」と呼ぶことが、3月18日放送の日本テレビ系番組「秘密のケンミンショー」で明らかになりました。
全国的には、ズボンのファスナーのことを「社会の窓」と呼びますが、沖縄県では「チョッチュの窓」と呼ぶそうです。
ちょっちゅの窓は小さい窓という意味(「ちょっとの窓」が訛ったもの)で、ズボンのファスナーはあまり大きく開かないため、沖縄県では「ちょっちゅの窓」と呼んでいるとのことです。
また、沖縄県では「鼻水が垂れている」ことを「鼻ピーピー」と言うそうです。


沖縄県ではズボンのファスナー(チャック)のことを「チョッチュの窓」と呼びます。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。