ビジュアルアーツが着メロの商標権を取得

大阪府大阪市にある美少女ゲームソフトメーカー「ビジュアルアーツ」が、Yahoo!オークションで、2250万円で「着メロ」の商標権を落札しました。
着メロは「着信メロディー」の略語で、アステル東京が商標登録していましたが、企業買収によりYOZANが商標権を所持していました。
しかし、YOZANが税金を滞納したため、東京都主税局が「着メロ」の商標権を差し押さえて、Yahoo!オークションに出品していました。東京都主税局は商標権の資産価値を200万円と見積もっていましたが、予想を大きく上回る落札価格となりました。
ビジュアルアーツは恋愛アドベンチャーゲーム「CLANNAD」「AIR」などを発売しているゲームソフト開発会社で、着信メロディーなどを配信するモバイルサイト「ビジュアルアーツ☆Motto」なども運営しています。
ビジュアルアーツは「着メロ」を使用するさいのガイドラインを示す予定ですが、使用料は取らない方針を示しています。
なお、「着うた」の商標権はソニー・ミュージックエンタテインメントが所持していますが、「着うた」も使用権をと言っていません。


美少女ゲームメーカー「ビジュアルアーツ」が「着メロ」の商標権を2250万円で落札しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。