森川由衣の正体は松坂南だった

香港映画「金瓶梅」で大胆な濡れ場を演じてる女優・森川由衣(もりかわゆい)の正体は、高見盛(33歳)との熱愛が報道されている巨乳アイドル松坂南(まつざかみなみ=25歳)です。
香港映画「金瓶梅」は明代に蘭陵笑笑生が書いた長編小説で、「三国志演義」「水滸伝」「西遊記」と併せて四大奇書と呼ばれる小説です。
森川由衣(松坂南)は香港映画「金瓶梅」で、西門慶の母を演じ、乳首に針を刺して夫・西門達と性交渉するなど、巨乳をさらけ出した大胆な濡れ場を演じているとのことです。
松坂南は2005年に芸能界デビュー。「森川由衣」の芸名で活動していましたが。2008年10月に事務所移転にともない、現在の芸名に改名していました。
香港映画「金瓶梅」は2007年に撮影され、2008年に香港で公開された映画で、松坂南が以前の芸能事務所に所属していた時に撮影したため、旧芸名での表記になっているようです。
金瓶梅のホームページの出演者プロフィールによると、森川由衣の背年月日は1985年ですが、松坂南のプロフィールの生年月日は1984年2月7日になっているため、年齢詐称疑惑も浮上しています。
香港映画「金瓶梅」はアジア各地でヒットして、日本でも2月13日から東京都にある映画館「ライズX」などで公開します。
松坂南のスリーサイズはB115cm・W57cm・H85cmのLカップで、2009年12月末に相撲取り高見盛との熱愛報道され話題となりました。


松坂南が森川由衣時代に脱いでいた!松坂南が脱いだ映画「金瓶梅」が日本でもついに公開。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。