ワンワンハウスで火事

奈良県葛城市大屋にある犬飼育業「ワンワンハウス(ワンちゃんふれあい広場日光)」で火事があり、ダックスフントなどの犬70匹が焼け死にました。

2月7日午後6時30分、ワンワンハウスの小屋から出火しました。通報を受けて消防車7台が出動して紹介にあたり、45分後に鎮火しましたが、木造平屋建て犬小屋2棟計85平方メートルを全焼しました。

この火事によるけが人は出ませんでしたが、犬小屋にいたブルドックなどの犬70匹が焼け死にました。

ワンワンハウスは繁殖のためにシーズーなどの犬6種類250匹を飼育していました。犬小屋では暖房のために石油ストーブを使用しており、奈良県警高田署は詳しい出火原因について調べています。

1月28日には、長野県南牧村海ノ口にあるドックパラダイス「八ケ岳犬の牧場」の犬小屋から出火して、ゴールデンレトリバーなどの犬50匹が焼け死ぬ火事が起きていました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。