石井浩郎が自民党から出馬

自由民主党秋田県支部連合会は2月15日、2010年夏に行われる参議院議員通常選挙の秋田選挙区に、元プロ野球選手で岡村孝子(47歳)の元夫・石井浩郎(45歳)を擁立することを決めました。
石井浩郎は2月16日に記者会見を行い、正式に出馬表明します。
自由民主党秋田県支部連合会は、石井浩郎が政治に興味を持っていることを知り、出馬を要請。2月15日に開いた選挙対策会議で、石井浩郎から出馬する意志を確認しました。
石井浩郎は秋田県南秋田郡八郎潟町出身の元プロ野球選手です。石井浩郎は秋田高校から早稲田大学へ進学。社会人野球を経て、1989年に行われたドラフトで3位指名を受けて近鉄(現オリックス・バファローズ)に入団し、4番バッターとして活躍していました。
石井浩郎はその後、巨人へ移籍。さらに横浜ベイスターズへ移籍して、2002年に引退。引退後はもつ鍋店「龍」を経営しています。
一方、私生活では1997年に歌手の岡村孝子(47歳)と結婚していましたが、2003年に離婚。2006年には12歳下の女性と再婚していました。


岡村孝子の元夫で元プロ野球選手の石井浩郎が自民党から出馬します。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。